国立大学法人 筑波大学基金 古本募金

筑波大学は、東京教育大学の移転を契機に、そのよき伝統と特色を生かしながらも、大学に対する内外からのいろいろな要請にこたえるため、わが国ではじめて抜本的な大学改革を行い、昭和48(1973)年10月に「開かれた大学」「教育と研究の新しい仕組み」「新しい大学自治」を特色とした総合大学として発足しました。本学は大学改革の先導的役割を果たしつつ、教育研究の高度化、大学の個性化、大学運営の活性化など、活力に富み、国際競争力のある大学づくりを推進しています。

FUTURESHIP with BOOK DONATION

ー50,000円、集まったらできること

<筑波大学附属図書館の図書購入支援>
筑波大学附属図書館では、取り組みの一つとして、年に数回、日本経済新聞の書評欄に掲載された経済分野の書籍を購入し館内に配架ています。利用者の利便性向上はもとより、本学で学ぶ学生の知見が深まるよう、この取り組みを継続的に支援していきます。

ー100,000円、集まったらできること

<奨学金制度の拡充>
筑波大学では平成21年度に独自の奨学金制度「つくばスカラシップ」を創設し,留学生に対する経済支援,学生への海外留学支援,緊急時の学資支援等様々な支援を行ってまいりました。今後もより多くの学生を支援していけるよう、制度の充実を図ります。

筑波大学基金 古本募金に