一般社団法人 SAVE TAKATA

SAVE TAKATAは2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、壊滅的な津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興、そして発展を目指し、「陸前高田に笑顔を創る」という理念の元、出身者が中心となって設立された団体である。「若者流出」という地域課題に対し、逆である「若者流入」をミッションに掲げ、流入人口を増加させ若者の定住促進を行います。

陸前高田に笑顔を創る。

東日本大震災で多大な被害にあった陸前高田市において「若者流入」というミッションを掲げ「若者アシストモデル」を実行し、定住を促進させる活動を行っております。
活動内容はこちらをご覧くださいませ。「facebookページ」

ー2,000円、集まったらできること

「知ること」から「興味を持つ」へ。
東京で陸前高田を知るきっかけとして、現地で活動する若者たちとの情報交換の場をつくります。

ー8,000円、集まったらできること

現地に「行ってみたい!」から「行ってみる!」をかなえる応援。
一人の若者が陸前高田に来る交通費(片道分)を補填します。

ー25,000円、集まったらできること

「活動の場所」から「自分の居場所」へ。
一人の若者が陸前高田に訪れ、地域の方々と時間を共にすることで、震災から復興へむけた現地の人たちの思いを実際に体感し、他の若者へ向けての情報発信を行うことができます。

SAVE TAKATAに