NPO法人 HON.jp

NPO法人HON.jpは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与える団体です。 本(HON)が果たす社会的役割は、人の知識や経験や思想や感情などを、文章や図画などの形で表現し、紙の冊子や電子書籍、ウェブなど、なんらかの媒体を通じて世の中へ流通させたり、記録して後世に残すことにより、人類の営みをより豊かなものにすることです。そういった本(HON)のつくり手をエンパワーすることにより、創造性豊かな社会を実現します。

あなたの読み終えた本が、本(HON)のつくり手をエンパワーする活動の力になります。

NPO法人HON.jpは、ウェブメディア「HON.jp News Blog」の運営や、短期集中型出版創作イベント「NovelJam」の主催、セミナー・講習会などの事業を通じ、本(HON)のつくり手をエンパワーする活動を行っています。

ー10,000円、集まったらできること

本(HON)のつくり手のためのコラムを1本配信できます
識者に1000字以上のコラムを寄稿いただく際の謝金が1万円です。ジャーナリスト、出版エージェント、研究者などから、本(HON)にまつわる国内外の最新事例の紹介や、オピニオンを寄せていただいています。

ー20,000円、集まったらできること

本(HON)のつくり手のためのセミナーに1人登壇いただけます
セミナー2時間の登壇謝金が1人2万円です。これまで、作家、漫画家、イラストレーター、デザイナー、写真家、編集者、校正者、翻訳者、ジャーナリスト、研究者、弁護士、書店員、電書制作者、電子書店や投稿サイトの事業者などに登壇いただきました。

ー30,000円、集まったらできること

本(HON)のつくり手のための取材記事を1本配信できます
半日以内の取材とそのレポート記事を寄稿いただく際の謝金が3万円です。新たな取り組みに挑戦している方へのインタビュー記事や、本(HON)のつくり手をエンパワーするようなセミナー・イベントのレポート記事などを配信しています。

HON.jpに