陸前高田市立図書館

陸前高田市立図書館は2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、壊滅的な被害を受けました。職員7名が犠牲になり、所蔵していた8万冊の資料も流失してしまいました。しかし、ゆめプロジェクトを通じ、皆さまのご支援のおかげをもちまして、2017年7月に中心市街地に新しい図書館を無事に開館することができました。開館当初は約65,000冊だった蔵書も、今では90,000冊まで増えています。陸前高田市の成長を街の中心で見つめながら、「訪れるだけで安らぎ、一人ひとりの豊かな日常を取り戻すお手伝いをし、新しいまちの賑わいの創出に貢献し、郷土の歴史を守り、伝え、陸前高田の宝物になるような図書館」となるよう、これからも務めていきます。

陸前高田市立図書館ゆめプロジェクト
あなたの読み終えた本が、陸前高田市立図書館運営に役立ちます。

「ゆめプロジェクト」は津波で壊滅した旧図書館を再建するために2012年からスタートした寄付プロジェクトです。
2017年、現図書館が開館してから寄付金の使用用途を日常の活動費に変更して運営しております。みなさんから本をご寄付いただくことで、陸前高田市立図書館の資料購入費等に活用させていただきます。

ー10,000円、集まったらできること

図書館では、市内の小学生や中学生を対象にした職業体験や見学も行っています。
おすすめの本を自分たちで選んで、どうしたら手に取ってもらいやすいか考えながら並べる姿は、図書館スタッフそのもの!普段は見れない図書館の奥の部屋も覗くこともでき、驚かれる生徒さんもいます。

ー10,000円、集まったらできること

読み聞かせボランティアの皆さんのご協力で開催しているおはなし会やクリスマス会は、回数を重ねるごとに参加してくださる親子が増えています。

ー50,000円、集まったらできること

「上橋菜穂子氏講演会」が、盛況のうちに終わりました。公民館の和室で、座布団に座りながらの講演会は、終始和やかで、笑いの絶えない時間でした。上橋先生のファンと一緒に一艘の船に乗り、物語の中を旅したようでした。

陸前高田市立図書館に