NPO法人 ADDS

自閉症とは、先天的な脳の機能障がいで、言葉の使い方や感情表現、認知能力などをうまく身につけられない障がいです。日本では発症率の高さに比していまだに正しい理解と適切な支援が行われていないのが現状です。ADDSは、日本中の自閉症のあるお子さんが、保護者の主体的な子育てによって可能性を最大限に広げられ、豊かな人生を歩める社会の実現を目指します。 保護者の方が、主体的にお子さんとの関わり方を学ぶ、早期療育スタートアッププログラムと、未来を担う現役の大学生に研修を実施し、ご家庭にセラピストとしてご紹介する学生セラピスト紹介サービスを提供しています。

あなたの本で、自閉症があるお子さんとそのご家族を支援しませんか?

ご家庭に不要になった古本はありませんか?それをご寄付いただくと、自閉症があるお子さんとそのご家族を支援する活動に役立てることができます。

ー30,000円、集まったらできること

自閉症のお子さんが言葉の練習をするための、教材となる絵カード集(約1500円相当)を20家庭に届けることができます。

ー30,000円、集まったらできること

グループセッションは、自閉症のお子さんが小グループでの活動を通して、コミュニケーションや社会スキルを学ぶ場です。3万円で、そのグループセッションを、約30名のお子さんに対して提供することができます。

ー30,000円、集まったらできること

大学生に対して、40時間の研修を行うことができ、幼少期の自閉症のお子さんへの関わりと自閉症についての基本的な知識とスキルを持った学生セラピストが約20名誕生します。

ADDSに