国立大学法人 東京学芸大学附属図書館
<未来の先生支援>古本募金

本学の歴史は明治6年までさかのぼります。明治から昭和初期にかけて、多くの師範学校を統合し、昭和24年に東京学芸大学は誕生しました。この間、およそ150年間にわたり、一貫して次の時代を担う教育者を育成することに力を注いできました。大学の目的は「高い知識と教養を備えた創造力・実践力に富む有為の教育者を養成する」ことです。附属図書館では未来の先生たちのために、質の高い学術情報を提供し、教育研究及び学生の学修を支援する拠点となることを目指しています。

~本の力で、ともに育てる。未来の先生応援プロジェクト~

読み終えた本をお売りいただき、その売却代金で学生のための本を購入するプロジェクトです。未来の先生を育てるための支援をお願いします。

ー100,000円、集まったらできること

<学生の学習のための本を購入します>
先生を目指す学生たちが、深い教養と知識を持つために、読書は欠かせません。寄付金はすべて学生のための本の購入に充てられます。時代の要請に応え、かつ学生の目線に立ち、時には直接学生たちの意見を取り入れて、本を選んでいます。

東京学芸大学附属図書館
<未来の先生支援>古本募金に