日本ユニセフ協会 © UNICEF/UN0507546/Dejongh
日本ユニセフ協会

公益財団法人  日本ユニセフ協会

ユニセフ(国際連合児童基金)は、すべての子どもの命と権利を守るため、最も支援の届きにくい子どもたちを最優先に世界約190の国と地域で活動しています。公益財団法人日本ユニセフ協会は、先進工業国33の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において、民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフの広報活動、募金活動、政策提言を担っています。

あなたのご支援が、世界の子どもたちの命と未来を守ります。

お寄せいただいた「ユニセフ募金」は、開発途上国を中心に世界の子どもたちへの保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、 HIV/エイズ、緊急支援、 政策提言などの支援活動に活用させていただきます。

2,000円あればできること

2,000円あればできること © UNICEF/UN0221618/Adriko

【汚れた水を安全な水に変える浄水剤32世帯分に変えることができます。】

世界で4人に1人が安全な飲み水を自宅で手に入れられません。汚れた水や不衛生な環境は感染症を引き起こし、多くの子どもたちが下痢などに命を奪われています。 ユニセフは、給水設備の設置や石けんによる手洗いなど衛生習慣を広める活動を行っています。

3,000円あればできること

3,000円あればできること © UNICEF/UNI312548/Alghabri

【子どもの栄養不良を改善する栄養治療食100袋に変えることができます。】

世界では少なくとも3人に1人の5歳未満児が栄養不良の状態にあり、脳の発達の遅れ、学習の遅れ、免疫力の低下、感染症の増加、そして多くは死に至るリスクに晒されています。 ユニセフは、栄養不良の問題に取り組み子どもの健全な成長を支えています。

4,000円あればできること

4,000円あればできること © UNICEF/UNI351556/Prasad Ngakhusi

【はしかから子どもを守るワクチン106回分に変えることができます。】

世界で5歳の誕生日を迎えられず亡くなる子どもは年間520万人。その原因の多くは安全な水やワクチンがあれば防ぐことができるものです。 ユニセフは、すべての子どもが乳幼児期に十分なケアを受けより良い人生をスタートできるよう支援を行っています。


※本によるご寄付に対する領収書は発行されません。

  • 千葉県松戸市 協働のまちづくり基金
    千葉県松戸市 協働のまちづくり基金
  • こどものみらい古本募金
    こどものみらい古本募金
  • ソーシャル・アーティスト・ネットワーク
    ソーシャル・アーティスト・ネットワーク
  • あしなが育英会
    あしなが育英会
  • ブリッジフォースマイル
    ブリッジフォースマイル
  • BONDプロジェクト
    BONDプロジェクト
  • チャイルド・ファンド・ジャパン
    チャイルド・ファンド・ジャパン
  • チャンス・フォー・チルドレン
    チャンス・フォー・チルドレン
  • Dialogue for People
    Dialogue for People