国立大学法人 一橋大学古本募金

「Captains of Industryとは、混沌、必然、諸悪に対して戦い、人類を導く真の勇者である」 (トーマス・カーライル『過去と現在』) 一橋大学は、市民社会の学である社会科学の総合大学として、リベラルな学風のもとに日本における政治経済社会の発展とその創造的推進者の育成に貢献しています。人文科学を含む研究教育の水準はきわめて高く、創立以来、国内のみならず国際的に活躍する、多くの有為な人材を輩出しております。 日本及び世界の様々な課題の解決に向けた社会イノベーションに資する知識創造と人材育成を使命とし、先端的・学際的・国際的な社会科学の研究・教育を推進していきます。

一橋大学古本募金は卒業生・在学生・保護者・教職員・一般の皆様から読み終えた本などをお送りいただき、その買取金額が「一橋大学基金」への寄付となる仕組みです。寄付金は本学の研究・教育活動に役立てられます。

ー30,000~円、集まったらできること

「附属図書館利用環境整備事業」
附属図書館にあるグループ学習室は、学生同士でディスカッションのできるアクティブラーニングの場として頻繁に利用されています。近年、施設設備に劣化や損傷が見られ、椅子、机などを整備することができます。

ー80,000円、集まったらできること

「学業優秀学生奨学金」
学部学生の教育の成果を評価し、学習への意欲を高めるため、奨学金を給付します。
「私費外国人留学生奨学金」
 国際交流を担うべき優秀な人材を育成するため、奨学金を給付します。
(各奨学生1名の1か月分に相当します。)

ー300,000円、集まったらできること

「若手研究者国際学会等報告支援」
本学の若手研究者1名につき、国内外の国際学会等に基調講演又は論文口頭発表を目的に参加するための費用を助成します。

一橋大学古本募金に