認定NPO法人 ビッグイシュー基金

ビッグイシュー基金は、①ホームレスの人たちを中心に生活困窮者の自立の応援、②ホームレス問題解決のネットワークづくりと社会への政策提案、 ③ボランティア活動と市民参加、という3つの柱の活動を通じて、貧困問題の解決に取り組み、誰にでも居場所と出番のある“包摂社会“の形成を目指します。

誰にでも居場所と出番のある“包摂社会“をつくる。

ご不要な本が、ホームレスの人を中心とした生活困窮者の自立を応援する活動に役立ちます。誰にでも居場所と出番のある“包摂社会”をともにつくりませんか?

ー50円、集まったらできること

『路上脱出・生活SOSガイド』1冊分の印刷費にあてることができます。
ホームレス状態になった時に利用できる炊き出しやシェルターなどの情報や、若者、女性、依存症の人などが抱える多様な悩みごとを相談できる窓口の情報をまとめた冊子『路上脱出・生活SOSガイド』。夜回りや公共図書館、お寺などを通じて配布しています。

ー1,000円、集まったらできること

夜回り、昼回り1回分の交通費や配布する食料費にあてることができます。
炊き出しや駅、公園などで路上生活をしている人のところへ、温かい飲み物やパン、飴などの食料品を提供。また、『路上脱出・生活SOSガイド』を持って声を掛け、直接話をしながら、安否の確認や、利用できるサポートの情報を届けることができます。

ー15,000円、集まったらできること

緊急シェルターを1か月、運営できます。
協力的な家主の方から「空き家」を借り受け、極寒、猛暑、大雨、台風、地震などの災害時、また風邪などの体調不良時に、ホームレス状態の人が利用できるシェルターを運営しています。300冊あつまれば、 安心して一夜を過ごせるシェルター1室を、1ヶ月間、運営・維持することができます。

ビッグイシュー基金に