自治体 千葉県松戸市 協働のまちづくり基金

松戸を大切に想ってくださっている方が自ら立ち上がり、知恵と工夫を重ねて問題を解決する活動を、松戸市は様々な形で応援しています。
その一つとして、活動をしている団体に助成金を交付しています。
松戸市は人口約50万人の比較的規模が大きい自治体ですが、全国的な傾向と同じく、高齢化率の著しい上昇や、少子化、外国人の方の増加などの変化が生じています。毎年目まぐるしく変わっていく状況により、暮らしている人たちの身近で生じる課題も多様化・複雑化しています。松戸市はそのような課題を、自分たちの力で解決していこうとする人たちをサポートします。

あなたの本が、暮らしやすい「松戸」づくりに役立てられます。

みなさんからのご厚意が、様々な活動に使われる助成金の原資となります。

ー1,000円、集まったらできること

<こども食堂で提供する3食分の食材を購入できます>
全国に約3,700箇所あるこども食堂、松戸市でも活発に活動が行われています。
食事を提供するのはもちろんのこと、子ども達の学習支援を行う食堂もあります。1,000円があれば、こども食堂で提供する3食分の食材を購入することができます。

ー25,000円、集まったらできること

<家出女性が資格取得をするための図書を10冊購入できます>
様々な理由で家に居場所がない女性がいます。
今日帰る場所が無い、家に帰れないという女性を保護して、自立に向けて支援する活動が行われています。25,000円があれば、就職に有利な資格獲得のための参考書を10冊購入することができます。

ー100,000円、集まったらできること

<地域猫活動を広める講習会を12回開催できます>
地域猫活動は、野良猫に不妊手術を行い、餌やりやトイレのルールを地域住民で決めて世話をし、将来的には飼い主のいない猫を減らしていこうという活動です。
100,000円あれば、この活動を広める講習会を12回開催することができます。

千葉県松戸市 協働のまちづくり基金に