特定非営利活動法人 おてらおやつクラブ

おてらおやつクラブは子どもの貧困問題を解決するため、お寺にお供えされるお菓子や果物などの「おそなえ」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、子どもをサポートする支援団体の協力の下、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動を行っています。活動趣旨に賛同する全国のお寺と、子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、お菓子や果物、食品や日用品をお届けしています。支援の輪は全国各地広がっており、1,440のお寺と457の支援団体にご協力いただき、毎月約12,000人の子どもたちを支援しています。(2020年4月現在)

古本勧進プロジェクト
ご自宅にある本が子どもたちを貧困から救います。 

皆さまのご厚意が「おすそわけ」を通じて子どもの貧困問題に役立てられます。家に眠っている読まなくなった本や聴かなくなったCD・DVDが子どもたちの笑顔に変わる、そんな活動にぜひご協力をお願いいたします。

ー1,000円、集まったらできること

「おすそわけ」の送料として活用し、生活が困難な状況にあるご家庭の子どもたちに食料品や日用品などをお届けすることができます。

「沢山のご支援を頂きありがとうございます。お米や日用品、とても有り難いです」

ー5,000円、集まったらできること

5,000円で5世帯に「おすそわけ」をお届けすることができます。

「最近いろんな意味で生活が厳しいのでとてもありがたくいただきます。この支援がなければ、心が折れていたかもしれません。皆さまのご支援ありがとうございます」

ー10,000円、集まったらできること

10,000円で10世帯に「おすそわけ」をお届けすることができます。

「毎回子どもが楽しみにしています。今回はリンゴが入っていて大喜びしていました。前回いただいたペンケースは長女がとても大切にしていて学校に持って行っています」

おてらおやつクラブに