認定NPO法人 日本IDDMネットワーク

日本での1型糖尿病の年間発症率は、10万人あたり1〜2人であり、発病すると患者と家族は 「治らない」ことで絶望します。 日本IDDMネットワークは、この1型糖尿病患者と家族を支援する全国ネットワーク組織です。 この「治らない」病気を2025年に「治る」病気にすることにチャレンジしています。ゆうこちゃんは5歳。毎日5回、インスリン注射を打ち続けています。 回数はすでに9000回を超えています。彼女が生涯に打つ注射の数は15万回にも及びます。 この子の手には「注射」ではなく「希望」を握らせたい。 2025年にこの子の病気を「治す」、私たちの活動を応援してください

あなたの本が1型糖尿病を「治る」病気へ

あなたの不要になった本が、1型糖尿病を「治る」病気に変えることに役立ちます。

ー10,000円、集まったらできること

1型糖尿病を治すための基礎実験を5回行うことができます。

ー1,000,000円、集まったらできること

新しい治療法の開発が可能になります。

ー1,000,000円、集まったらできること

・3〜5年を目処に、すい島移植の標準化の確立が可能になります。 ・5〜10年を目処に、バイオ人工すい島移植の臨床応用に大きく近づきます。 ・現在、基礎的実験段階にあるベータ細胞再生治療の研究が大いに進展する  可能性があります。

日本IDDMネットワークに