公益社団法人 全国被害者支援ネットワーク

犯罪被害に遭うと、大きな精神的ダメージを長く抱えるとともに、怪我を負ったり、行政窓口や警察、裁判所で複雑な手続きに関わらなくてはいけなかったり、転居を余儀なくされる、仕事を辞めざるをえなくなる、一家の大黒柱を失うなど経済的負担も負ったりと様々なかたちで苦しめられます。 私たちは、そのような被害者の方たちへ精神的ケアや、病院や警察、裁判所への付き添い支援、経済的支援などを行っています。 また、マスコミや周囲からの根拠のない噂や心ない言葉などの二次的な被害を防止することも私たちの重要な任務として、社会啓発に取り組んでいます

不要になった本が、犯罪被害に遭われた方々への支援活動に活用されます。

犯罪被害に遭って身体や心を傷つけられたり、大切なものを失ったりして苦しんでいる方たちが安心した生活を取り戻せるように、あなたの本をご寄付ください。あなたの本のご寄付で、犯罪被害に遭われた方々への支援の輪が広がります。

ー100,000円、集まったらできること

「犯罪被害により転居を余儀なくされた被害者の方への転居費用の支援」自宅やその周辺で、性犯罪や殺人など重犯罪の被害に遭うことは、少なくありません。 自宅や近所が被害現場となると、そこで居住を続けることはとても難しく、経済的な余裕がなくても転居を余儀なくされます。そのような方の転居費用を支援することができます。

ー200,000円、集まったらできること

「無料のカウンセリングや法律相談の充実」全国48箇所の「被害者支援センター」では、犯罪被害に遭われた方に、より安心して相談をしていただけるよう、無料相談を行う常駐の専門カウンセラーや弁護士を置くことを目指しています。

ー300,000円、集まったらできること

「二次的な被害を防止するための社会啓発セミナーの開催」犯罪被害に遭ったことで苦しんでいる被害者の方にとって、事件について根拠のない噂をたてられたり、 興味本位で気持ちを踏みにじられたり、心ない言葉をかけられたりするのは、とてもつらいものです。社会啓発セミナーにより、このような二次的な被害を減らせます。

全国被害者支援ネットワークに